子どもの矯正[早期治療]

成長に合わせた歯並び治療で、
健康的な永久歯列へ

子どもの矯正[早期治療]とは

当院では、成長期や乳歯と永久歯が混在する年齢の患者さまには噛み合わせの基盤を整える小児矯正治療を行っています。

これは、成長をコントロールすることで顎の前後的な不正を改善したり、顎を側方的に広げることで歯がキレイに並ぶスペースを獲得していく治療です。永久歯への交換をスムーズに誘導することで、将来的に生じうる不正咬合を減らすことができます。

*治療の開始時期は6才臼歯といわれる奥歯が生える6~8才頃に始めるのが最適です。

子どもの矯正[早期治療]のメリット

歯を抜く可能性が低くなる 成人の矯正治療を行う際、ガタつきの程度が大きい場合、歯を抜いて治療する必要があります。しかし、小児矯正により顎の成長をコントロールすることで、将来的に歯を抜く必要がなくなる場合が多く見られます。
成長を利用できる 下アゴの発達は身長や体の成長と関係しており、成長に合わせた治療が重要となります。歯列の改善に加え、適切な顎の成長を誘導することで、噛み合わせのズレを防ぎ、正常な永久歯列につながります。大人になってからでは、手術を伴う矯正治療が必要となるケースもあります。
悪習癖の改善

舌の突出や低位、口呼吸、正しくない嚥下(飲み込み)などの悪い習癖(機能的問題)は歯並びや骨格に悪影響を及ぼし、気づかないうちに不正咬合が重症化してしまいます。

このような悪い癖を早期に発見し、それに対するトレーニングを矯正治療と合わせて行うことで、正しい機能を獲得し、安定した噛み合わせや全身の健康につながります。

子どもの矯正治療例

CASE
・子どもの矯正治療により改善
・拡大床による歯列拡大と固定式装置による治療
  • 治療前
  • 治療後

使用する装置

子どもの矯正[早期治療]では、主に取り外し式の装置を使用します。

子どもの矯正は成長や歯の生え変わりを長期的に管理するため、なるべく取り外し式の装置を使用することでむし歯のリスクを減らします。また、はじめて矯正をするお子さんにとっても外せる装置は不安や痛みが少なく、楽しく矯正を始めることができます。

主に拡大床とよばれる歯列を横に広げる装置を使用します。歯列を広げることで、永久歯が並ぶ隙間をつくります。
仕上げ段階や、生え変わりの早いお子さんには固定式の装置による矯正が適応となる場合がございます。

「拡大床」

拡大床による治療例

・正面

  • 治療前
  • 拡大床装着
  • 治療後

・上アゴ